デリケートゾーン 脱毛器 脱毛サロン 比較

デリケートゾーンの処理 脱毛器と脱毛サロンとの比較

デリケートゾーンの脱毛を考えたときに脱毛器と脱毛サロンを比較して考える方も多いと思います。
そこで、脱毛器と脱毛サロンでの脱毛をいろいろな面から比較してみました。

 

脱毛器 VS 脱毛サロン

 

費用面

脱毛器でいちばんおすすめなのがラヴィ。本体価格は49,000円。 1つのカートリッジで最大20000ショットが可能なので、デリケートゾーンの脱毛には十分すぎるショット数です。

費用面

エステサロンでVIO脱毛の料金は4回で4万円前後、6回で6万円前後が多いです。ただ6回程度では自己処理はまだ必要な回数。最低10回は必要なのでそれだけ料金は追加で必要となります。

痛み

脱毛サロンの脱毛器に比べ出力が少ないので1回の効果は少ない家庭用脱毛器。ただ、痛みに関しては出力が少ない分痛みも柔らか。脱毛器によっても違いますが、出力も変更できるので痛いのがイヤ!という人は出力を下げて脱毛できます。

痛み

クリニックの脱毛に比べれば痛みは少ないといわれていますが、はっきり言って「痛い!」です。施術するスタッフの方の技術もあると思いますが、どのサロンで受けても痛みは覚悟する必要あり。

恥ずかしさなど

自分で行うので恥ずかしさはありません。鏡を見ながら行うので他人に見せられた格好ではありませんが・・・。自分で脱毛する手間はありますが、通う必要もなく、いつでも脱毛できるのも魅力。

恥ずかしさなど

デリケートゾーンの脱毛なので、完全にスタッフの方に見られるので恥ずかしいと思ったら脱毛はできません。紙のショーツなどを見につけますが、形式上のものです。

衛生面

自分だけで行うので衛生面は問題なし。

衛生面

脱毛器は毎回消毒するとはいえ、使いまわしが基本。評判の悪い脱毛サロンではショーツやシーツなども使いまわしのところがあるとか。

 

総合的に考えると・・・

 

 

自宅で脱毛サロンと同じように脱毛できることが脱毛器のメリット。
脱毛サロンではデリケートゾーンを施術するときにスタッフの方見られてしまう恥ずかしさ(*´д`*)、施術の時の痛み(→o←)ゞ、衛生面での不安(;´д`)、など心配なことが多いです。
それに比べ家庭用脱毛器は自宅で痛みも少なく、1人で使うので衛生面での不安も一切なし(*´∀`*)。

 

デリケートゾーンの脱毛だけを考えると費用では少し割高な感じもしますが、サロンでの通常の6回のコースで満足行かないときの追加料金などもないし、デリケートゾーン以外にも全身の脱毛ができるのでコストパフォーマンスでは断然脱毛器がおトクです。

 

そんな脱毛器の中でも私が特にお勧めするのが家庭用脱毛器のケノンです。

 

 

⇒ケノンを実際に使った感想は・・・